千葉県/鴨川市の中山間地にある棚田は、都市と農村の交流活動を通して、新しい農村のスタイルを実践する棚田です。

地域資源総合管理施設 棚田倶楽部

◆開館時間◆

午前9時〜午後4時
毎週火曜日定休
*火曜日が祝日の場合は、その翌日が休館になります。

◆連絡先◆

千葉県鴨川市平塚540
TEL04-7099-9050
FAX04-7099-9051
info@senmaida.com

海の見える二子棚田
以前のホームページはこちら
↑以前のホームページはこちら
鴨川市ふるさと回帰支援センター
里舞
鴨川自然王国
>HOME>各種体験プログラムについて
大山千枚田で農村体験

田植え体験

普段食べているお米ってどんな風に育つんだろう?どんな場所に育つんだろう?
教科書には書いてあっても実感がわきにくいこうした疑問も、実際に田植えをしてみると容易にわかり、改めて稲の成長の凄さに感動します。

農作業体験

大豆や綿花や藍などの栽培やそれを使った加工の体験ができます。
大豆を収穫して、豆腐を作ったり、藍を収穫して藍染めを行ったりすることで、身の回りにある食品や服がどんなものから出来ているのかを知ることができます。

まつり寿司作り体験

まつり寿司は南房総の郷土料理です。明治時代に日本一美味しい米として知られていた当地のお米「長狭米」にあった料理方法です。
とても可愛い模様がお寿司の中に出井上がるので、模様も楽しんでください。どんな模様ができるかお楽しみに!!

もみ殻かまどでご飯炊き

かまどでご飯を炊いたことがありますか?しかも、燃料はお米のもみ殻!
ほんとうに稲は捨てるところがなんだなと考えさせてくれます。
もちろん自分たちでもみ殻をかまどに入れて、着火も自分たちでします。
本当のご飯の味を知ることができる体験です。

もちつき体験

杵と臼を使っておもちつきをします。もちつき機でついたお餅と違い、次の日でも堅くなりません。トッピングの黄粉(きなこ)は大山千枚田の畑で穫れた大豆を炒って、自分たちで黄粉にします。
上等な棚田のもち米を使ったつきたてのお餅の味を楽しんでください。

藍染体験

棚田で育てた藍の葉っぱを使ってバンダナサイズの綿ローンハンカチを染め上げます。染色液を作って染め上げる工程は、ちょとした職人気分です。いろいろな模様もつけられるので、世界で一つのオリジナルハンカチが作れます。
夏の生葉染めと通年の乾燥葉染めがあります。

わら細工体験

収穫して脱穀を終えた稲わらを使ってわら細工の亀などを作ります。わらの不思議な手触りを楽しんでください。完成した亀は、玄関などに飾るのに最適です。
時間をかけてじっくりわら細工体験をしたい人は、草履(ぞうり)作り体験にも挑戦を!

わらを使った紙漉き体験

牛乳パックを捨てずに再利用し、わらを使うことで和の風合いが漂うはがきを作ります。
作り方は簡単!牛乳パックを溶かした原液の中にわらの繊維を混ぜ、水田に出て採取してきた植物を漉き込めばとっても素敵なはがきが出来上がります。

化粧炭とツル籠づくり

化粧炭とは、花や果実をそのままの形で炭にしたものです。
本物の炭焼きは時間がかかりますが、化粧炭なら手軽にできます。しかも、栗のイガやどんぐりの実などの形がそのまま炭になり、可愛いインテリアにもなります。化粧炭を入れるツル籠も一緒に作ります。(冬季限定)

棚田の自然観察

シュレーゲル本来お米を作る場である棚田では、たくさんの生き物を見ることができます。特に大山千枚田にいるカエルの多さはピカイチです。
他にも棚田にどんな生き物がいるのか?生物の体はどんな風になっているのか?図鑑ではなく、本物の棚田の生物の面白さをじっくり観察してみてください。
学校体験でも人気の体験プログラムです。



※リンク集やバナーに掲載を希望する方は、info@senmaida.comまで
活動日誌
フェイスブックもチェック
大塚商会
大山青少年研修センター